中学聖日記キャスト 岡田健史が甲子園に?!創成館のイケメン球児!

ドラマ中学聖日記の豪華キャスト陣の中でも、岡田健史さんが重要キャストとして注目されています。

中学聖日記で岡田健史さんは生徒役を演じていますが、創成館で甲子園に出場しています。

創成館で甲子園出場した時の成績についてや、イケメン球児の真相を書いていきます。

中学聖日記キャスト(ドラマ)って?-あらすじ-

中学聖日記有村架純さん演じる末永聖が、婚約者がいながら中学生の教え子に恋をする禁断ストーリーです。

末永聖が心惹かれていく教え子が、岡田健史さん演じる黒岩晶で、先生と生徒の恋模様を描いている話題作ですね。


有村架純さんと言えば清楚なイメージの役が多い印象ですが、今回は清純派の役ではないので新たな一面が出ています。

黒岩晶が末永聖に一目惚れしたと想いを伝えますが、そこは先生と生徒なので恋愛関係になることは許されませんね。

しかし頭では理解しても心の奥底から沸きってくる気持ちは抑えられず、末永聖も婚約者と教え子との狭間で葛藤していきます。

また中学聖日記のキャストも大きな注目を集めていて、岡田健史さんは今作が俳優デビューというのも驚きましたね。

一年にもわたるオーディションを勝ち抜いただけあり、今風なチャラチャラした感じではなく純粋な雰囲気があります。

有村架純さんと岡田健史さんの切ない恋愛事情が魅力ですし、真っ直ぐな生徒の役を見事に演じていると感じますね。

中学聖日記キャスト 岡田健史が抜擢!その理由は?

中学聖日記の豪華キャスト陣も注目を集めていますが、中でも岡田健史さんが有村架純さんの相手役に抜擢されたことが大きな話題になっています。

今をときめく人気俳優の有村架純さん主演の連続ドラマに、俳優として演じたことのない新人が起用されるのは、なかなかありません。

教え子の生徒役は中学聖日記の中でも重要な役なので、どう演じるによって評価が変わってしまうくらい大切な役です。

どうして俳優の経験がない岡田健史さんを抜擢したかの理由が気になりませんか?

プロデューサーは、「良い意味で洗練されていないのと、人の目をしっかり見て話すところ」に惹かれたとお話していました。

有村架純さんも岡田健史さんを高く評価していて、純粋であり真面目で人柄が演技に滲み出ていると話しています。

中学聖日記が俳優デビューということなので、ピュアな生徒の雰囲気がを見事に演じているなと感じましたね。

岡田健史さんの演技を見ていても新鮮さが際立ってますし、演技の中にも誠実な岡田健史さんの魅力が表現されていると思います。

私が岡田健史さんを見て最初に感じたことは、目が綺麗な人だなという印象を持ちました。

中学聖日記キャスト 岡田健史がかっこいいと話題に!

中学聖日記で期待のキャストとして特に注目されている岡田健史さんが、「かっこいい!」とネット上で話題になっていました!

岡田健史さんのモテモテエピソードがありましたが、高校の卒業式で学生服のボタンが全てなくなるほど女子から人気だったとのことです。

第二ボタンは岡田健史さんが好きだった女性に渡したのか、それとも早い者勝ちだったのかも気になりますね(笑)

また五人の年上女性から同時に告白された経験もありますので、かっこいいという言葉では収まらないくらいイケメンなのは間違いなさそうです。

もし学校に教え子として岡田健史さんがいたとしたら、多くの女性教師は恋に落ちてしいそうなほどイケメンですね。

目が綺麗なのも岡田健史さんの大きな魅力ですが、目は意識したからと言って綺麗になるものでもないと思います(笑)

ドラマ『中学聖日記』を見ている視聴者の感想としては、岡田健史さんは横顔もかっこいいという声が圧倒的に多かったですね。

横顔が素晴らしくて好きになった女性が急増中ですが、納得ですよね。

中学聖日記キャスト 岡田健史は高校球児だった!

中学聖日記キャストの岡田健史さんですが、実は高校球児だった一面があります!

また、イケメン球児としてファンもいたほど人気がありました。


つい最近まで高校球児だった岡田健史さんのポジションは、捕手でした。捕手はチームの要と言えるポジションでもあります。

容姿も文句なしのイケメンでスポーツ万能ですから、女性にモテる要素満載でうらやましい限りですよね(笑)

中学聖日記での真っ直ぐな演技も高校球児の時の経験が生かされてる感じで、礼儀正しいところも納得でしたね。

私も元高校球児で少しは野球部の厳しさを知ってるつもりなので、岡田健史さんが捕手をしていた苦労も分かります。

また岡田健史さんの日課はゴミ拾いとのことで、私生活から実直なのがわかるエピソードですね。

中学聖日記の撮影初日には緊張で手の震えが止まらなくて、周囲から熱中症じゃないかと心配されるほど真剣に演技と向き合っているか感じが伝わってきます。

中学聖日記キャスト岡田健史は甲子園に出場?!(創成館高校)

岡田健史さんが通っていた高校は長崎県にある創成館高校で、今年の夏の甲子園にも出場している野球の強豪校です。

創成館は過去にも甲子園に出場していますが、岡田健史さんが在籍していた時には甲子園に出場していたかも気になりますよね?

岡田健史さんが1年生の時に創成館は甲子園に出場していて、2回戦まで進んでいますが岡田健史さんはレギュラーではありませんでした

岡田健史さんが地元の福岡から長崎にある創成館高校に進学したのも、甲子園に出場するという目標があったからですね。

岡田健史さんが公式戦に初出場したのが3年生の時の最後の夏でしたが、長崎予選の準決勝で負けてしまい、レギュラーとしての甲子園出場は叶いませんでした。

成館の中でも捕手として守備力と肩の強さには定評がありましたが、甲子園出場の実績もがあり選手層も厚いので、レギュラーとしては活躍できない日々が多かったです。

高校球児にとって甲子園は夢の舞台ですので、岡田健史さんもチームの一員として甲子園に行けたのは大きな財産だと思います。

中学聖日記キャストも少し前までは高校球児だったのを考えると、ドラマでの演技力には本当に頭が下がりますね。

高校球児は野球の技術だけでな精神的にも鍛えられるので、今の岡田健史さんの人柄の基礎を築いたのも創成館高校での野球が大きく関わっていると感じました。

中学聖日記キャスト岡田健史の中学生時代は?

中学生役を演じている岡田健史さんですが、実際の中学生時代はどんな感じだったのでしょうか?

岡田健史さんが通っていた福岡市立和白丘中学校は公立で、中学生の頃から野球をしていましたね。

何と中学一年生の時に芸能事務所からスカウトされていますが、この時は芸能界には入っていません。

芸能界入りを断った理由も野球に真剣に取り組んでいたからだそうで、岡田健史さんの信念の強さを感じますね。

中学生の時に芸能事務所からスカウトされるのは素質があるからこそで、やはり他とは違うオーラがあるから注目をされたと思います。

高校三年生の時に野球部を引退した後に、高校の演劇部にスカウトされているので、中学生の頃に芸能事務所からスカウトされたのも運命だったのかなと感じます。

中学聖日記キャスト 岡田健史のプロフィール

名  前:岡田 健史 (おかだ けんし)

本  名: 水上 恒司 (みずかみ こうし)

生年月日: 1999年5月12日

  身 地:福岡県

身  長: 180cm

体  重: 67kg

  液 型:O型

趣  味:筋トレ

憧れの俳優:山田孝之・菅田将暉

好きな食べ物:ラーメン

事務所:スパイスパワー

岡田健史さんは近年設立された「スパイスパワー」という新人俳優部に所属しています。
「スパイスパワー」の元となる芸能事務所「スウィートパワー」には、黒木メイサさんや桐谷美玲さんなどが所属しています。

俳優になる時には両親と大喧嘩をしていますから、岡田健史さんは決めたら突き進むタイプかなと想像します。

豪華なキャスト陣の中でも遜色ない抜群の演技力を発揮しているので、2019年は大ブレイクすること間違いなしだと思います。

まとめ

今回は期待の新人俳優である岡田健史さんについて紹介しましたが、中学聖日記に出演するまで演技未経験というのは本当に驚きました。

演技未経験で有村架純さんの相手役に大抜擢されたのも、経験がなくても光る才能があるからだと思いました。

中学聖日記の岡田健史さんの演技は真っ直ぐな感じ、原点回帰しようと思わせてくれますので今後も楽しみに応援していきたいと思います!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする