春の甲子園2019 優勝校予想・注目選手と日程を要チェック!

2019年選抜高等学校野球大会が始まります!春の甲子園2019ということで、注目選手や日程が気になりますよね。また、優勝校の予想も合わせて盛り上がっています!

そこで今回は、春の甲子園2019の優勝校予想・注目選手と日程についてまとめています!

春の甲子園2019 日程は?

第91回選抜高等学校野球大会、春の甲子園がいよいよ始まります!

どの期間で行われるのか日程を調べてみました。

日程: 2019年3月23(土)〜4月3日(水)の12日間

3月23日から12日間の日程で行われますが、これは準々決勝翌日の休養日を含んでいます。

また、雨天順延となります。

ちなみに開催場所は、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)です。

そして出場校は、一般選考の28校、21世紀枠3校、神宮大会回枠1校の合計32校が出場します。

注目選手と合わせて優勝校予想をしていきたいと思います!

春の甲子園2019 優勝校予想その1

春の甲子園2019、優勝校予想その1は「星稜高等学校」です。

松井秀喜さん、本田圭佑選手をはじめとするプロ野球選手、プロサッカー選手を多数輩出しています!

2018年は春・夏甲子園出場を果たしている星稜高校ですが、2019年春の選抜高校野球大会も出場が決定しています!

石川県・北信越代表の「星稜高等学校」の成績は、北信越大会1位、明治神宮大会は惜しくも準優勝でした。

走攻守ともにハイレベルでバランスの良いメンバーが揃っていることが魅力ですよね。

星稜高校は、春の甲子園・夏の甲子園の常連校ですよね。

2018年夏の甲子園の情報ですが、こちらの記事もオススメです!

【関連記事→『星稜高校 野球部メンバーの出身地は?監督の名言が心に響く!』

ここで注目したいのが、奥川恭伸選手です。

最速150㎞超の奥側選手は、スライダーやフォークを操ります。

昨年の夏には、U18日本代表に唯一2年生として選出された経歴を持っています。

また後で紹介しますが、星稜高校・内山壮真選手も要注目選手です。

昨年の夏の甲子園2019に、高校1年生で出場を果たしています。

その他輝かしい実績を持つ内山選手率が在籍する「星稜高校」が、優勝候補第一位です。

春の甲子園2019 優勝校予想その2

春の甲子園2019、優勝校予想その2は「智弁和歌山高等学校」です。

智弁和歌山高校は、和歌山県・近畿地区の代表ですね。

智弁和歌山高校は、和歌山県大会を優勝しています。近畿大会では、ベスト4でした。

その注目ポイントは、なんといっても大阪桐蔭高校に勝利をしたことです。

大阪桐蔭高校は2018年夏の甲子園で優勝していますが、近畿大会では5-2で智弁和歌山に敗北しました。

強豪校・優勝候補となりえる大阪桐蔭高校を破ったことは、高嶋前監督が喜ぶほどでした。

さて智弁和歌山高校は、”打”の強いチームとして知られています。

春の甲子園2019 優勝校予想その3

春の甲子園2019、優勝校予想その3は「履正社高等学校」です。

履正社高校は、大阪の近畿地区代表です。

秋季近畿地区大会では、準決勝で龍谷大学付属平安高等学校野球部に0-7で負けていますが、一人一人技術力の高い選手が集まっています。

打撃陣の一人、4番・井上広大選手は秋季大会でホームランを放っており、長打力が持ち味となっています。

その他にも捕手の野口海音選手は、中学時代にU-15の侍ジャパンのメンバーに選出されてました。

その時には、キャプテンとして侍ジャパンチームをまとめていた選手が、履正社高等学校を引っ張ります

春の甲子園2019 優勝校予想 -注目校!-

春の甲子園2019優勝校予想ですが、ここで注目校を1つご紹介します!

それは「札幌大谷高等学校」です。(北海道)

2018年明治神宮大会にて、札幌大谷高校は強豪校との対戦で次々に勝利し、優勝を果たしました!

ちなみに明治神宮大会での決勝戦の相手は、優勝校予想その1で紹介した「星稜高校」でした。

優勝校として予想される星稜高校に、2-1で勝利しています。

選手層も厚く、一人一人それぞれ持ち味が異なっています。

中学全国ベスト8に輝いた西原選手は、身長184cmのしっかりした体型を活かすエースです。

札幌大谷高校は、中高一貫ということでチームワークの強さも注目されています!

春の甲子園2019 注目選手その1

春の甲子園2019の優勝校予想はいかがだったでしょうか?

続いては、その予想されている優勝校の中から、注目選手を紹介していきます!

まずは、優勝校予想その1で紹介した「星稜高校」から、内山壮真選手です。

内山壮真選手は、夏の甲子園2018にも高校1年生ながら選出されました。

星稜高校に入学してすぐに、ショートのレギュラーを獲得しています。

身長は172cm、体重は72kgとバランスの良い体型ですね。

右投右打の内野手です。

経歴としてはU-15 の侍ジャパンで、捕手としてU15アジア選手権優勝に貢献しています。

その他、本塁打王とベストナインにも輝いています。

高校3年生の先輩が引退した2018年の秋の新チームから、内山選手は4番を任されました。

星稜・林監督は「大事な場面で1本打てる能力がある。なかなか教えてもできることではない。」と内山選手に期待をしています。

春の甲子園2019でも、エース・内山壮真選手のプレーに注目したいと思います!

春の甲子園2019 注目選手その2

次に優勝校予想その2で紹介した「智弁和歌山高校」から、東妻純平選手をチェックしていきます。

智弁和歌山高校が優勝するためのキーマンと称されるのが、東妻純平選手です。

キャッチャーを務めます。

東妻純平選手は、”あづまじゅんぺい”と読みます。

身長172cm体重74kgで、右投右打です。

実は中学でのポジションはショートでしたが、遠投125mの記録をもっているため、キャッチャーに転身しました。

和歌山県大会で優勝、近畿大会準優勝をしています。

東妻選手は選抜に向けて、「捕手として投手を最大限に生かしたい。」とコメントしています。

春の甲子園2019 優勝校予想・注目選手と日程を要チェック! まとめ

春の甲子園2019での優勝校予想と注目選手、日程についてですが、春の甲子園が楽しみになってきましたね。各校の注目選手を今後もさらにご紹介していきたいと思います。(随時更新)

高校球児たち一人一人の活躍を応援しています!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする