こどもの日 由来を簡単説明すると?イベントin東京[無料]まとめ!

あなたは、こどもの日の由来を知っていますか?

今回は簡単に、こどもの日の由来や意味をご紹介していきます!

また、無料で参加できる東京でのイベントを大調査してみました。

ということで今回は、こどもの日の簡単な由来や意味、東京で参加できるイベント(無料)などについてまとめています。

こどもの日は5月5日!

「5月5日はこどもの日」

なんとも覚えやすい祝日ですよね。

ところで、こどもの日がどんな日かを知っていますか?

5月5日こどもの日は、子どもたちが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。

こどもの日(5月5日) 由来を簡単に説明すると?

さて、あなたは「こどもの日」の由来を知っていますか?

簡単にですが、「こどもの日」の由来をご紹介していきます!

「5月5日はこども日。」このフレーズで覚えられているこどもの日ですが、もともとは「端午の節句」と呼ばれていました。

「端午の節句」でも、男の子の成長をお祝いしていました。

そんな中1948年に、5月5日を休日にすると決められました。

どんな休日かというと、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日です。

それ以降、5月5日を端午の節句から「こどもの日」と呼ぶことになりました。

ということで、こどもの日の由来は、端午の節句と呼ばれた男の子をお祝いする日でしたね。

しかし今現在は、こどもたちみんなの成長をお祝いするようになっています。

また今回は簡単な由来のご紹介ではありましたが、「お母さんに感謝する」という意味も込められた日でもあります!

こどもの日(5月5日) 端午の節句とは?

こどもの日の簡単な由来で登場した「端午の節句」ですが、ここでもう少し詳しくみていきたいと思います。

端午の節句は、奈良時代から続く古い行事です。

端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味です。

そのため、5月だけが当てはまるものではありませんでした。

しかし、ここであなたはある共通点にお気づきでしょうか?

午(ご)と五(ご)の音が同じことから、毎月5日を指すようになり、ついには5月5日のことになったとも伝えられています。

また、5月5日は菖蒲(しょうぶ)の節句とも言われています。

菖蒲(しょうぶ)は薬草です。邪気を避け、悪魔を払うという信仰が昔からありました。

ヨモギとともに軒にさしたり、湯に入れて菖蒲湯をつくりました。

ということで、端午の節句は強い病気や災いをさけるための行事でもありました!

こどもの日(5月5日) こいのぼりを飾る?!

こどもの日の由来を調べていくと、なかなか奥深いことが分かりましたね。

簡単にではありましたが、歴史や古くからの行事に興味がわいてきました。

ところであなたは、なぜこどもの日に”こいのぼり”を飾るのか知っていますか?

こちらの由来も簡単にご紹介していきたいと思います!

先ほど端午の節句は、菖蒲(しょうぶ)の節句とも呼ばれていたとご紹介しましたよね。

菖蒲が尚武(しょうぶ)と同じ音であることから、その言葉をかけて、勇ましい飾りとして男の子の誕生と成長を祝っていました。

そして、コイはもともと威勢のいい魚です。

昔から”鯉の滝登り”などが伝えられており、子どもが元気に育つようにという親の願いが「こいのぼり」には込められています。

実際に、将軍の家に男の子が生まれると、玄関前に馬印(うまじるし)や幟(のぼり)を立ててお祝いしていました。

江戸時代の中期には、武家の幟(のぼり)に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

以上簡単にですが、こどもの日になぜ鯉のぼりを飾るのかの由来についてでした!

こどもの日(5月5日) 楽しい過ごし方!

こどもの日の由来を簡単に見てきましたが、これからはこどもの日の楽しい過ごし方をご紹介していきます!

まず5月5日こどもの日は、柏餅(かしわもち)を食べてみてはいかがでしょうか?

柏餅は、おもちを柏の葉で包んでいます。

柏餅の由来についても簡単にご紹介すると、柏の葉は新芽が出てから古い葉が落ちるのが特徴です。

そのため、”子が生まれるまで親は死なない”というところから、「家系が絶えない、子孫繁栄」の象徴として考えられるようになっていきました。

ちなみに、ちまき(粽)は、笹の葉でくるまれたおもちのことです。

笹の葉でくるむ由来は、災難や病気などから身を守るということが考えられていたためです。

以前は、「西はちまき、東はかしわ餅」と言われていましたが、今現在はどちらも、こども日のために店頭で見かけますよね。

その他、こどもの日の楽しい過ごし方として、東京で開催されているイベントをご紹介します。

無料のものもあるので、ぜひチェックして気になるところへお出かけしてみてくださいね!

こどもの日(5月5日) 東京でのイベントは?[無料]その1

<フラワーフェスティバル2019>

フラワーフェスティバル2019は、国営昭和記念公園で開催されています。

最寄駅は立川北駅、立川駅です。

桜、チューリップ、シャレーポピー、ネモフィラなど、春の花を楽しむことができます。

開催日時は、2019/3/23(土)〜2019/5/26(日)なので、その時々で開花している花が違っていて素敵ですよ。

開催時間は9:30-17:00ですが、4月以降の土日祝は18:00まで開いています。

その他、子どもから大人まで楽しめる春に関するイベントも開催されています。

入園料は大人が450円、小・中学生は無料です。

また、65歳以上は210円ですが年齢確認のため身分証明書などが必要です。

<TeNQファミリーデー>

TeNQファミリーデーは、宇宙ミュージアムTeNQで開催されています。

最寄駅は後楽園駅、水道橋駅です。

普段は入館不可となっている4歳未満のこどもも、特別に入館できます!

ちなみに開催日時は、2019/5/5(日)と2019/5/18(土)の2日間です。

時間は10:00〜21:00です。(最終入館は20:00です。)

気になる料金ですが、4歳未満は1名あたり500円(当日券のみ)です。

一般は1,800円、学生は1,500円、4歳から中学生・65歳以上は1,200です。

<子供の日 ミニSL特別運行>

開催場所は、千葉県にある市川市動植物園です。

最寄駅は大町駅、市川大野駅です。

開催期間は2019/5/5(日)のみとなっています。

ミニSL特別運行の時間帯は、10:30-12:00と13:00-14:30が予定されています。

ちなみに通常のミニ鉄道運行時間は、9:45〜11:45と12:45〜16:00です。

入園料は大人400円(+消費税)、小人100円(+消費税)、未就学児は無料です。

ところが、こどもの日には、小・中学生の入園も無料になります!

こどもの日が無料になるのは、とても嬉しいですよね!

ミニ鉄道乗車料金には、1回あたり100円かかります。(1歳以上)

こどもの日(5月5日) 東京でのイベントは?[無料]その2

<東京タワー 333匹の『鯉のぼり』と巨大『さんまのぼり』>

開催場所はイベント名から分かりますが、東京タワーです。

2019/3/29(金)〜2019/5/6(月・休)の間で行われています。


東京タワーのふもとで「鯉のぼり」と「さんまのぼり」が元気に泳いでいます。

17:00〜23:00までライトアップを楽しむことができますよ!


最寄駅は、神谷町駅、赤羽橋駅、大門駅、浜松町駅です。

料金は無料です。

<東京スカイツリータウン(R) こいのぼりフェスティバル2019>

イベント名でも分かるように、東京スカイツリータウンで開催されています。

開催期間は、2019/4/12(金)〜2019/5/6(月・休)です。

最寄駅はとうきょうスカイツリー駅、押上(スカイツリー前)です。

入場無料です。

東京スカイツリータウン内をこいのぼりが泳いでいます!

ちなみに都内最大級となっており、合計で1500匹のこいのぼりということで迫力がありますよ!

こどもの日 由来を簡単説明すると?!イベントin東京[無料]まとめ!

こどもの日の由来について、簡単ではありますが見てきました。こどもの日がどんな日か分かったところで、楽しいイベントに出かけてみませんか?

東京で開催されているものを中心に集めてみましたが、こどもは無料のものも多いです。

ご家族でこどもの成長をお祝いする、素敵なこどもの日をお過ごしください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする