岡崎慎司が増毛の噂!スヴェンソンって何?年俸推移もすごい!

岡崎慎司選手の髪の毛が増毛した!と話題になっています。

「岡崎慎司 増毛 スヴェンソン」というキーワードがありましたが、スヴェンソンとは何でしょうか?

また岡崎選手の年収推移がすごいと注目を集めています。

そこで今回は、海外クラブで活躍する岡崎選手の年収推移も合わせて調べていきます!

岡崎慎司は髪の毛を増毛?ハゲと言われていた!

岡崎慎司選手は海外クラブで活躍し、日本代表選手にも選ばれるプロサッカー選手です。

泥臭いプレーに評価が集まり、”ザキオカ”や”岡ちゃん”などの愛称で親しまれています。

そんな岡崎選手には、一時そのプレーよりも髪の毛に注目が集まっていました。

そして岡崎選手ご自身も、開き直って短髪にしたとコメントしていたようです。

岡崎慎司選手のプレーには目を見張るものがあるので、

サッカー視聴者の視界に岡崎選手がよく入ってくるんだと思います。

そんなところから、そのプレーだけでなく髪の毛の方にも注目が集まってしまったのだと思います。

岡崎慎司はいつから髪がハゲたのか?!

岡崎慎司選手は2018年6月現在で32歳です。

同年代の選手には長友佑都(ながともゆうと)選手や青山敏弘(あおやまとしひろ)選手などがいらっしゃいます。

まだ若いと思うのですが、岡崎選手はいつから髪が少なくなってきたのかを調べてみました。

岡崎選手の髪の毛については、北京オリンピックの時にはすでに話題になっていたようです。

北京オリンピックは2008年、岡崎選手が22歳の時でした。

22歳の時から髪の薄さについて言われるのは少し悲しいです。

しかし大事なのは、サッカー選手としてのプレー。

前述のように岡崎選手は開き直っているようですし、気にしないでサッカーに取り組んでほしいと思っています!

そんな岡崎選手ですが、増毛の噂も浮上していました。

岡崎慎司のキーワード  スヴェンソンって何?

岡崎慎司選手が髪の薄さに注目が集まっていましたが、最近では”増毛したのでは?”という情報がありました。

そして岡崎選手の増毛の話題のキーワードに「スヴェンソン」という言葉がありました。

そこでこの「スヴェンソン」について調べてみると、医療用のウィッグ・かつらであることが分かりました!

岡崎選手はスポーツをプレーし、汗などもかくのでかつらを被ることはできないと思うので、植毛をしていくエクステのようなタイプを取り入れたのではないかと考えられています。

このスヴェンソンは、サッカー解説者の松木安太郎さんも使用しているとのことです。

岡崎選手の増毛に対するツイッターの反応

ツイッターでは、岡崎慎司選手の髪の増毛についてたくさんの声がありました。

岡崎慎司の年俸推移

岡崎慎司選手は海外クラブレスター・シティFCに在籍しています。

岡崎選手の年俸は公開されていないので、以下は推定年俸の推移となっています。

●清水エスパルス 【2005年〜2010年】

19歳     450万円

20歳     900万円

21歳     1,500万円

22歳     2,500万円

23歳     3,500万円

●VfBシュトゥットガルト (ドイツ)      【2011年〜2013年】

24歳     1億4,500万円

25歳     1億4,500万円

26歳     1億4,500万円

●1. FSVマインツ05   (ドイツ)              【2013年〜2015年】

27歳     3億8,000万円

28歳     3億8,000万円

29歳     3億8,000万円

●レスター・シティFC   (イングランド)   【2015年〜】

30歳     4億5,000万円

31歳     4億5,000万円

32歳     4億5,000万円

やはり海外クラブに移籍すると年俸は桁が上がりますね。

レスター・シティとは4年契約で移籍したので、2019年も4億5,000万円の年俸との推定です。

岡崎選手の総額は34億6,350万円となっています。

岡崎慎司のプロフィール

名  前: 岡崎 慎司 (おかざき しんじ)

愛  称: ザキオカ、岡ちゃん、ドッペルシンジ、オカ

生年月日: 1986年4月16日

出  身 地: 兵庫県宝塚市

身  長: 174cm

体  重: 76kg

職  業: プロサッカー選手

利  き 足: 右足

ポジション: FW (フォワード)/ MF (ミッドフィールダー)

所  属: レスター・シティFC (イングランド)

背  番 号: 20番 (日本代表では9番)

岡崎慎司選手は小学校2年生の時に兄の影響で、サッカーを始めます。

中学卒業後は、神戸のサッカー強豪校である”滝川第二高校”に進学しています。

1年生からレギュラーを獲得し、全国高校選手権では3年の兄・嵩弘さんと2トップを組みベス

ト4の成績を残しました。そして、岡崎選手が3年生の時にはキャプテンを務めました。

岡崎選手はストライカーとして、ゴールを決めることを期待されています。

そんな岡崎選手の座右の銘は「一生ダイビングヘッド」です。

これは、岡崎選手がプロに入る前に宝塚ジュニアFC時代のコーチから送られた言葉でした。

ガッツがあり泥臭いプレーをすることが評価されている岡崎選手ですが、

その性格は”とても優しく控えめな性格をしている”と岡崎選手のお母さんがお話しされていました。

岡崎選手が高校3年生の時に両親に送った手紙には、以下のような文章もありました。

『今、高校で成長できて、キャプテンまでやっているのは、父さんと母さんのおかげだと心から思っています。ホンマありがとう。感謝しています。一番はお金かな、やっぱり。高校に入って怪我も多くなったし、用具とかお小遣いとか、お金の面で迷惑かけてるよなぁ~』

岡崎選手が気づかいのできる優しい少年だったことが伺えます。しっかりと周りを見ることが

でき、感謝する心を持ちながら、サッカーに対しては真面目に取り組む姿から、立派なキャプ

テンだったのではないかと思います。

まとめ

岡崎選手の増毛の噂について調べてみました!写真を見る限りでは、岡崎選手の髪の毛が増えているように感じますね。何で増毛・植毛したのかははっきりとは分かっていませんが、「スヴェンソン」の可能性が高そうです。

2018年 FIFAワールドカップロシア大会においても、ご自身の座右の銘のように

”ダイビングヘッド”で得点を決めてくれることを期待しています!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする