長友佑都の身長と体重と筋肉から分かるプロ意識!年俸推移も上昇中!

プロサッカー選手の長友佑都選手の身長と体重に合わせてその筋肉に注目が集まっています!

また海外クラブで活躍しているので年俸推移も上昇している状態です。

長友佑都選手の身長、体重、体脂肪率や、筋肉力トレーニング方法を調べてみました。

また、日々の努力が年俸推移にも表れていることが分かってきました!

長友佑都の身長、体重、体脂肪率は?

長友佑都選手の身長、体重、体脂肪率を見ていきましょう。

身長は170cm、体重は65kg、体脂肪率は8%程であるとされています。

身長170cmはスポーツ選手の中では少し低いように感じますね。

しかし、”サッカーの王様”とも称されるリオネル・メッシ選手の身長も170cmとされています。メッシ選手の体重は72kgとのことです。

長友選手の体重は65kgということで、筋肉量があることが伺えますね。

長友佑都選手の身体は、無駄な脂肪がなく引き締まった身体していらっしゃいますね。

体脂肪率は8%程だという感じです。

長友佑都の筋肉に注目!そのトレーニング方法は?

長友佑都選手はプロサッカー選手として、筋肉力アップのトレーニングに励んでいるようすが時々テレビで放送されたりしています。

実際、とても引き締まった身体でいらっしゃいます。

長友佑都選手は、日本代表選手の中でも体力が飛び抜けて高いと評価されています。

実際に海外クラブに所属し外国の選手と互角に戦っていますよね。

その高いフィジカルを持っている長友佑都選手のトレーニングについて調べてみましたが、

長友選手は”体幹トレーニング”を重視しているようです!

『長友佑都体幹トレーニング20』、『体幹×チューブトレーニング』、『ヨガ友』という本を出版されています。

長友選手は以前、「体幹トレーニングと出会わなければ今の僕はない」とお話ししている程です。そんな長友選手自身がモデルとなり、やり方、呼吸法などのポイントを本の中で紹介しています。

長友選手は椎間板ヘルニアに苦しんだ時期もありましたが、体幹トレーニングをして克服していった過去があります。

体幹トレーニングはウェイトトレーニングと比べて身体への負担が少なく、ケガの心配も少ないトレーニングです。

インナーマッスルを鍛えるという目的もあるので、身体の内側から筋肉・体力を鍛えていくトレーニングですね。

長友佑都は食事にもこだわる!

長友佑都選手の1日の食事は以下のように意識をしているようです。

朝食 野菜中心の軽食

昼食 栄養たっぷり 炭水化物あり

夕食   肉・魚などのタンパク質 炭水化物は控えめ

また、テレビ放送された長友選手のノートには、何を食べたのかきちんと書かれていました。

海外クラブでは日本食はなかなか食べることはできないと思いますが、それぞれの場所できちんと栄養バランスなどに気をつかった食事を大切にされている様子が分かりますね。


長友佑都の年俸推移

長友佑都選手は努力を積み重ねて、プロサッカー選手としてのキャリアを積み重ねています。

そんな長友佑都選手の年俸推移を見ていきましょう。

【FC東京】

2008年         300万円      (22歳)

2009年                            2,000万円     (23歳)

2010年                            2,500万円     (24歳)

【ACチェゼーナ】

2011年                            1億円        (25歳)

【インテル・ミラノ】

2012、2013年                1億4,000万円      (26、27歳)

2014〜2016年                4億円                        (28〜30歳)

2017年                           4億3,000万円            (31歳)

【ガラタサライ】

2018年                           4億3,000万円            (32歳)

Jリーグ1年目は300万円からスタートしました。

これは平均的な額で、どの選手も300万円台から年俸がスタートすることが多いです。

2年目には、一気に2,000万円ということで急激に年俸がアップしていますね。

2010年は、FIFAワールドカップ南アフリカ大会がありました。そこで長友選手は日本代表選手として活躍していたことが評価されて、海外クラブへ移籍することに決まりましたね。

長友選手の年俸推移も年々上昇しています。

現在はトルコのガラタサライへ、期限付きで移籍しています。

長友佑都のプロフィール

名  前: 長友 佑都 (ながとも ゆうと)

生年月日: 1986年9月12日

出  身 地: 愛媛県西条市

身  長: 170cm

体  重: 65kg

学  歴: 明治大学 政治経済学部卒業 (2009年)

職  業: プロサッカー選手

利  き 足: 右足

ポジション: DF (ディフェンダー)/MF (ミッドフィルダー)

所  属: ガラタサライSK (トルコ)

背  番 号: 55番 (日本代表では5番)

長友佑都選手はスポーツ一家に生まれました。母方の祖父は第1回小倉競輪出走者の元競輪選手・吉田達雄でいらっしゃいます。また、父方の祖父は明治大学出身の元ラガーマンでした。

そんな長友選手は小学校1年生の時にサッカーを始めました。

サッカー強豪校である東福岡高校に進学して、推薦入試で明治大学に進学しました。

明治大学入学後は、サッカー部へ入学してすぐに椎間板ヘルニアに苦しみます。

そして、試合に出場できずにスタンドで応援する日々が続いていました。この時期、サッカーができないストレスでパチンコなどにふけっていましたが、実姉や大学の同窓生の叱咤激励のおかげで乗り越えることができたとお話ししていたことがあります。

椎間板安定のために、腰周りの体幹筋を鍛えたことで試合で良いプレーにつながることが多く、大学卒業の前にFC東京と正式に契約しプロサッカー選手となりました。

2018年FIFA ワールドカップロシア大会において、長友佑都選手は3度目の日本代表選手に選出されました。日本代表での背番号は5番です。

まとめ

長友佑都選手はとてもストイックな姿勢でサッカーと向き合い、海外でも活躍するプロサッカー選手です。年俸推移では、そんな彼の努力も垣間見ることができます。

2018年FIFAワールドカップロシア大会でも、背番号5番で日本代表選手に選ばれました。

大いなる活躍を期待しています!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする