祇園祭2018 屋台の日程は?長刀鉾の稚児は小林君!決め方は?

2018祇園祭は京都で一番のお祭りですよね!

2018年祇園祭の日程はいつ頃でしょうか?毎年盛り上がる屋台も見逃せません!

そして長刀鉾の稚児は小林勇太朗君に決定しました!

この記事では、祇園祭2018の日程や屋台、

長刀鉾稚児の小林君についてまとめています!

祇園祭2018 日程は?

祇園祭は1ヶ月間にも渡るお祭りですが、

祇園祭2018の日程を調べてみました!

祇園祭の開催期間は、2018年(平成30年)7月1日~7月31日の一ヶ月間です。

祇園祭では夕方から駒形提灯が灯されて、

祇園囃子(ぎおんばやし)が奏でられる宵山(よいやま)や、

10トンを超える山鉾(やまほこ)を交差点で90度方向転換される辻回しがある山鉾巡行は、毎年人気で多くの注目を集めています!

●祇園祭2018 前祭(さきまつり)の日程

2018年7月14日(日) 宵々々山
2018年7月15日(月) 宵々山
2018年7月16日(火) 宵山
2018年7月17日(水) 山鉾巡行・神幸祭

●祇園祭2018 後祭(あとまつり)の日程

2018年7月21日(日) 宵々々山
2018年7月22日(月) 宵々山
2018年7月23日(火) 宵山
2018年7月24日(水) 山鉾巡行・還幸祭

2018年の祇園祭は週末からの開催ですね!

毎年たくさんの人で賑わいますが、今年の来場者数も例年以上との予測です。

祇園祭2018 屋台の日程は?

お祭りと言えばたくさんの人が楽しみにしている屋台ですが、

1ヶ月開催される祇園祭で屋台があるのは2日間のみです!

祇園祭屋台露店は毎年、宵山(前祭)の7月15日・16日に立ち並びます。

そのため祇園祭2018でも屋台露店がある日程は、

2018年7月15日(日)と2018年7月16日(月)の2日間です!

知らない人も多いと思いますが、後祭では露店はありません。

前祭の2日間に屋台露店が並び、道路は歩行者天国となります!

屋台が出て賑わうため、この2日間の来場者数は毎年非常に多いです。

あなたが小さい子どもと一緒に行く場合には、迷子に気をつけましょう!

人の多さは桁外れです!人が多いだけでなく、夏の京都は暑さでも有名ですよね。

怪我や熱中症には気をつけて、お祭りを楽しみましょう!

祇園祭2018 歩行者天国のエリアは?

毎年祇園祭で屋台露店が並ぶ2日間は、歩行者天国になります!

普段自動車が走っている道路が人でいっぱいになります。

(引用: 「京都新聞 祇園祭 交通規制情報」)

京都府警が祇園祭に合わせて、

京都市中京区や下京区などの四条通周辺で臨時交通規制を行っています。

屋台露店の出店時間は、歩行者天国に合わせて18時~23時となっています。

しかし屋台により、お昼からの早めの出店や23時よりも早い閉店もあります。

祇園祭2018 後夜祭でも屋台がある?!

祇園祭2018の屋台露店は、前祭の7月15日と7月16日に立ち並びます!

祇園祭自体は1ヶ月間続きますが、屋台露店はこの2日間のみです。

しかしここで、屋台が少ないと感じる方に朗報です!

後祭にも屋台がある、エコ屋台村という場所をご紹介していきます!

祇園祭エコ屋台村2018は、2018年7月22日(日)、7月23日(月)開催予定です!

時間帯は17:00〜21:30となっています。

(注意点として、前年までと比べて日程が短縮される予定とのことで、

2018年6月下旬に正式決定されるので分かり次第またお伝えします。)

京都市ではお祭りやイベントから出るごみを減らすために、

リユース食器として洗うことで繰り返し使うことのできる容器

を使用しての飲食提供を推進しています。

このようなリユース食器の活用促進をPRするとともに,

祇園祭の来場者に楽しんでもらえる場だということで、

祇園祭後祭の中心地で「エコ屋台村」を開催しています。

これは素晴らしい企画ですね!

環境に優しく、ご飯もとてもおいしそうです。

「エコ屋台村」では様々なステージやコーナーがあり、

楽しく”エコ” を学び感じられる場所となっています。

子供はもちろん、大人も楽しめる屋台で多くの人で賑わっています!

祇園祭2018 長刀鉾の稚児は小林君に決定!

祇園祭前祭の山鉾巡行(7月17日)で先頭を行く、

長刀鉾(なぎなたほこ)に乗るお稚児さんが決まりました!

祇園祭2018のお稚児さんは、同志社小3年小林勇太朗君(8)とご紹介されていました!

稚児の小林君は、

「友達と参加できるのは楽しみ。勇ましくしめ縄を切ってみんなが楽しく思える祇園祭にしたい」

と抱負を述べたとのことです。

(引用:「祇園祭・長刀鉾稚児に小林君」)

祇園祭2018 長刀鉾の稚児はどうやって決まる?

祇園祭の山鉾の中でも一番背の高い山鉾が長刀鉾は、

山鉾巡行で毎年先頭を飾り巡行します。

長刀鉾には正装をした男の子が乗っていますが、

その男の子のことをお稚児さん(おちごさん)と呼んでいます。

お稚児さんには、神様の代わりに祇園祭を仕切るという大切な役割がありますが、

そのお稚児さんの選び方とかかる費用については驚きが隠せません。

公式では「一般公募で長刀鉾町在住あるいは、関係のあるご家庭から、過去1年間にご不幸がなく8歳から10歳の男の子」が対象となっています。

そしてこのお稚児さんは、長刀鉾保存会非公開の状態で選ばれています。

お稚児さんに選ばれた際には、諸々の費用を自己負担していきます。

まずは長刀鉾町への寄付金がありますが、他にも数多くの衣装代や、

ハイヤー代、そして宴会の費用など様々な経費がかかってきます。

そしてその額は、2000万円にも上ると予測されています。

そのため、お稚児さんには富裕層のご家庭の息子さんが選ばれることが多いです。

祇園祭2018でお稚児さんに選ばれた小林勇太朗君お父様は、

さかいだに幼稚園副園長の小林育朗さんです。

つまり、勇太朗君は園長のお孫さんでもいらっしゃいます。

さかいだに幼稚園は西京区近辺では名前の知られた幼稚園で、

他にも保育園を複数経営されているということです。

まとめ

京都で一番のお祭りである、祇園祭2018についての情報です!

多くの来場者で賑わう屋台露店の日程や、

長刀鉾のお稚児さんについてもまとめてあります。

祇園祭2018は週末からはじまるため、例年以上の来場者数が見込まれています。

熱中症対策や怪我等に注意して、祇園祭2018を楽しみましょう!

【関連記事→「淀川花火大会 有料席の口コミ&穴場の西中島南方をチェック!」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする