膳場貴子アナウンサーの現在は?三度目の結婚で子供を出産していた!

膳場貴子アナウンサーは現在、フリー(TBS専属)として活躍されています。

私生活では三度目の結婚を経て、子供を出産されたようです!

また、膳場貴子アナの家柄はすごいと話題になっていました!

そこで今回は、注目が集まる膳場貴子アナの現在の担当番組、三度目の結婚相手や子供について調べてみました!

膳場貴子アナウンサーの学歴・経歴

膳場貴子アナは、女子学院中学校・高等学校を卒業しています。

学校の同級生には、元日本テレビアナウンサー・馬場典子さんや漫画家・辛酸なめ子さんがいたようです。

大学は現役で東京大学文科3類に入学した後、

3年時に医学部健康科学・看護学科へと進学して卒業しました。

膳場貴子アナは、その容姿と学歴で近所でも評判だったようです。

1997年にアナウンサーとしてNHKに入局しますが、2006年3月NHKを退職。

膳場貴子アナは半年後、フリー転身にしてTBSと専属契約を結びました。

2009年3月30日から、『NEWS23』では膳場貴子アナがサブキャスターから昇格しメインキャスターを務めました。

2015年7月24日に第一子妊娠の発表があり、11月20日に産休に入ることを報告しました。

2016年2月8日産休から復帰しますが、同年3月末で『NEWS23』のメインキャスターを降板します。

女子御三家とされる女子学院を卒業し、東京大学をも卒業した膳場貴子アナ。

その後もアナウンサーとして活躍し、素晴らしい経歴の持ち主ですね。

そんな膳場貴子アナの実家もすごいと話題になっています。

膳場貴子アナウンサーの実家

膳場貴子アナは、3姉妹の末っ子です。

膳場(ぜんば)という名字はなかなか聞かない珍しい名字ですね。

なんと膳場家は世田谷の地主の一つだったようで、膳場将監の子孫だそうです。

膳場将監は、安土桃山時代にわずか3軒しか民家がなかった下北沢の地を開墾した人物です。

膳場貴子アナのお父さんは商社に勤務していたため、その仕事の事情で1歳から7歳までは西ドイツで過ごしたようです。

また、彼は400平米超の敷地をもつ大豪邸を所有していらっしゃるようです。

膳場貴子アナウンサーのラブレター

2007年に『NEWS 23』は、筑紫哲也さんが病気療養となったため、代わりに膳場貴子アナがメインキャスターを務めていました。

その番組の企画でハニカミ王子・ゴルフの石川遼選手にラブレターを執筆しました。

石川さんへ
最年少優勝で世界が変わった
ように注目の的!になって
ちょっと戸惑っている…かな?
これからも、ゴルフは勿論、
勉強に、遊びに、恋に♡
色々経験をつんで、
ますます素敵なゴルファーに
なって下さい!
応援しています!! 膳場貴子

また「もうカワイイ、大好きです、どうしましょ」と、

膳場貴子アナはコメントされたようです。

石川遼選手への取材のため、スポーツ担当の高野貴裕キャスターにこのラブレターは託されました。しかし、石川遼選手サイドにより膳場貴子アナからのラブレターは受け取り拒否をされています。取材とはいえこの膳場貴子アナの行動には、ゴルフ関係者や視聴者から批判が集まりました。

膳場貴子アナウンサーの現在の番組

膳場アナは2016年3月末で『NEWS23』を卒業し、

新キャスターには星浩・朝日新聞特別編集委員が就任しました。

そして4月2日から、膳場貴子アナはTBSテレビ局の『報道特集』(毎週土曜 午後5:30〜)の新キャスターを務めています。

膳場貴子アナウンサーの年収

膳場貴子アナが『NEWS23』のメインキャスターとして働いていた時の月収は、約350万円だっという情報があります!

彼女の当時の年収は推定5000万円と言われていました。

また膳場貴子アナのギャラは1本100万円弱のようです。

現在の担当番組『報道特集』は週に1度の放送なので、月収・年収は低くなっているのではないかと予想されています。

そして、潜在視聴率2.7%(第39位)とされています。

ちなみに最強女子アナとされる水卜麻美アナウンサーは10%前後の潜在視聴率だそうです。

アナウンサーとしてそこまで問題はないのに、なぜか潜在視聴率は低いようですね。

膳場貴子アナウンサーの二度の離婚とその理由

1度目は2001年5月、約5年の交際を経て東大時代から交際していた同級生と結婚しました。

当時、膳場アナが26歳の時でした。

結婚相手だった男性は、一般会社員だったようです。

結婚当時の膳場さんは『NHKニュースおはよう日本』というニュース番組の担当でした。

そして結婚5ヶ月後の2001年10月からは「プロジェクトX~挑戦者たち~」という、

週1回のドキュメント番組も担当します。

しかし、仕事が忙しくすれ違いが生じた事が離婚の引き金になったようです。

わずか1年9ヶ月後の2003年2月に離婚をしています。

2度目の結婚は2005年10月に、ミュージシャン・作曲の瀬名俊介さんとでした。

瀬名俊介さんも東京大学法学部を卒業しています。

1996年に『マルガリータ・リタルダンド』を結成し、その後『Rita.Rit』と改名しています。

(『Rita Rit.』は2001年に活動を停止しています。)

瀬名俊介さんはイギリスに在住していたため、膳場貴子アナはNHKを退職しイギリスへ移住しました。一度目の離婚から、家庭を優先されたのだと思います。

しかしその半年後の2006年9月にフリーアナウンサーとしてTBSと専属契約を結びました。

『NEWS23』のサブキャスターを務めるために、膳場貴子アナは日本へ帰国します。

そして、国を超えての別居状態からすれ違いの生活が原因だと予想されて、

2007年末に2度目の離婚となります。

瀬名俊介さんは膳場貴子アナとの離婚後、ロンドンでソニーに就職したようです。

膳場貴子アナウンサー三度目の結婚と子供を出産

2015年7月7月25日に、膳場貴子アナの三度目の結婚が発覚します。同年春に3度目の結婚をしていて、第1子を妊娠していることが報道されました。

そして膳場貴子アナの婿養子ではありませんが、男性が膳場の名字になったようです。

また、膳場貴子アナの現在の旦那さんも東大卒らしいです。そして彼女の同級生だという情報があります。そんな膳場貴子アナの旦那さんは大手広告代理店の電通に勤務しているようです。

共に東京大学を卒業し、その職業もフリーアナウンサーと電通勤務であり

エリート夫婦でいらっしゃいますね。

膳場アナは2015年11月20日の『NEWS23』を最後に産休に入ります。

そして12月5日に、11月30日に膳場貴子アナが第1子女児を出産したと報道がありました。

当時彼女は40歳だったので、高齢出産だったと言えます。

そして翌年2016年2月8日に『NEWS23』を復帰します。

膳場貴子アナは番組の冒頭で「出産でお休みを頂いていましたが、今晩から番組に戻ることになりました。引き続きよろしくお願いします」と述べます。

その後岸井成格キャスターは、「母親の目線も持った膳場さんと、またしっかりニュースを伝えていきたいと思います」とコメントしていました。

膳場貴子アナは出産後、およそ70日程で復帰をしています。

これは非常に早い復帰と言えるのではないでしょうか?

身体には気をつけてほしいですが、膳場貴子アナの仕事への情熱が感じられました。

まとめ

容姿も良く、その学歴と経歴から注目が集まる膳場貴子アナウンサー。

3度結婚をした男性は皆東大卒ということで、エリート夫婦でいらっしゃいます。

そして3度目結婚を経て、女児を授かりました。

今現在もフリーアナウンサーとして活躍する膳場貴子アナには、

仕事と私生活両方の幸せを見守っていきたいところです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする