池江璃花子の高校はどこ?偏差値は?高校総体の伝説がすごすぎる!

池江璃花子選手がアジア競技大会で大活躍ですよね!

池江選手はどこの高校なのか、偏差値について気になる声を多数見かけました。

また、「高校総体の伝説がすごすぎる!」と話題になっています。

この記事では、池江璃花子選手の高校がどこなのか、偏差値、高校総体のすごすぎる伝説などについてまとめています!

【関連記事→『池江璃花子 大学進学は日大に!白血病はどうなる?』

池江璃花子の小学校・中学校はどこだった?

競泳・池江璃花子選手が、2018年アジア競技大会で好成績を修めています。

池江璃花子選手はスーパー女子高生としても知られているように、高校3年生の現役女子高校生です!

世界大会で活躍をしている池江璃花子選手の小学校、中学校はどこだったのかを調べてみました。

まず池江璃花子選手は、江戸川区立西小岩小学校を卒業しています。

続いて中学校は、江戸川区立小岩第四中学校を卒業しています。

小学校、中学校共に、公立の学校です。

池江選手は3歳から中学1年生までは、東京ドルフィンクラブ江戸川スイミングスクールで練習をしていました。

小学6年生の時に100mバタフライで「1′02″3」を記録し、これは昭和48年創立の同スクールの”大人も含めた最速記録”で、いまだに破られていないとのことです。

小学3年生頃からは、全国レベルの大会に出場するようになります。

中学に入学する直前に出場した、JO春季大会(2013年)の50m自由形(11~12歳区分)で優勝しました。これが、池江璃花子選手にとって初めての全国優勝を達成した大会になります。

中学1年生の6月、より高いレベルの練習環境を求めてルネサンス亀戸へ移籍しました。

中学1年生から、各大会で好成績、優勝を果たしていきます。

続く中学2年生では、中学記録を次々に更新していきました。

中学3年生では、全日本初制覇・世界選手権初出場・3種目の日本記録保持者になっています。

池江璃花子の高校はどこ?!偏差値は?

中学校までに数々の記録を更新し、輝かしい成績を修めてきた池江璃花子選手はどこの高校に進学したのでしょうか?

「池江選手の高校がどこか知りたい!」という声が多数あったように、あなたも気になっているのではないでしょうか!

それでは見ていきましょう!

池江璃花子選手は、2016年4月に私立の淑徳巣鴨高校(しゅくとくすがもこうこう)に進学します。

通称は淑巣(しゅくす)で、偏差値は56〜62です。

高等学校では、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒とでは3年間別クラスになる併設型中高一貫校となっています。

淑徳巣鴨高校の卒業生には、オリンピック日本代表選手もいます。

競泳選手(リオデジャネイロ五輪代表)の長谷川涼香さんや、シンクロナイズドスイミング選手(北京五輪代表、アテネ五輪代表)の鈴木絵美子さんが卒業をしています。

他の有名人では、俳優の浅利陽介さんや歌手のCHARAさんがいらっしゃいます。

池江璃花子選手が在籍、そして卒業すると、ますます淑徳巣鴨高校に注目が集まりそうですよね!

池江璃花子の母親は熱血?

さて、池江璃花子選手の小学校、中学校、高校を見てきました。

スーパー女子高生の学校がどこかが気になるという声には、納得ですよね。

あなたも池江璃花子選手がどのような教育を受けているのか気になっているのではないでしょうか?

世界大会で活躍する選手を育てるためには、学校はもちろん、保護者の方のサポートも必要ですよね。

池江璃花子選手について調べていくと、「お母さんがすごい!熱血?!」という声がありました!

池江選手のお母さんについて、話題になっていたのは「うんてい」でした。

うんていは、学校の運動場や公園などにあり、あなたも子どもの頃に遊んだことがあるではないでしょうか?

それがなんと!

池江選手の自宅には、雲梯(うんてい)があることが披露されていました!

お母さんによると、「運動が脳の発達を促すという研究がありまして、そのなかで雲梯を紹介していたんですね。」という理由から設置したとのことです。

これは一般のご家庭にはない光景ですよね!

この雲梯(うんてい)のおかげもあり、1歳6カ月で逆上がりができるようになっています。

他にも保育園時代の5歳頃では、腹筋運動を500回も続けてできたそうです。

スーパー女子高生だと言われていますが、スーパー幼児でもあったんですね!

また、池江璃花子選手のお母さんは、“子供のためには水中出産がいい”という情報を得ていたとのことで、長女・長男・璃花子選手を水中出産したことも分かっています。

池江璃花子 高校総体の成績がすごすぎる!伝説だと話題に!

2018年アジア競技大会が、インドネシアのジャカルタで開催されています。

日本人選手が表彰台入りをしていく中で、一際目立つのが池江璃花子選手ではないでしょうか!

いまだ現役の女子高生であるため、スーパー女子高生として知られていますよね。

「池江選手の高校総体での成績が伝説級だ!」と話題になっていたので、ご紹介します。

それはインターハイ関東予選を兼ねて行われた時のことでした。

女子400メートルリレーにて、第3泳者の池江璃花子選手(18)が、引き継ぎタイムながら52秒77という快記録で泳ぎ、1位日大藤沢高と0秒96差の3分47秒55という大会記録で2位に入りました。

その時池江選手はトップと2秒30差の6位で回ってきましたが、他を圧倒する伸びやかな泳ぎで、強豪校がそろうにもかかわらず一気に5人を抜き去りました。

そして2位に1秒41差をつけ、首位でアンカーにつなぎました。

池江選手によると、「勝ちにいくなら(自分が)相手を抜ける第3泳者で。」と自身で志願していたことを明かしています。

高校の地方大会でありながら、世界トップクラスの泳ぎを披露した池江選手に周りは驚愕したのではないでしょうか。

池江璃花子 高校生活や制服姿を披露!

世界大会で活躍する競泳・池江璃花子選手ですが、女子高生でもあります。

池江選手のインスタグラムでは、高校の制服姿や、高校総体、学校の様子等の写真が投稿されています!

<高校総体>

** インターハイがアジア大会と被ってるため、 出場できないので最初で最後の関東高校が終わりました。 インターハイも一回しか出れませんでしたが 3年間あっという間すぎて、色んな思い出がつい最近にあったことのように感じます。。 3年生になってからキャプテンらしいことできなかったかもしれないけど、みんな沢山ありがとうございました😢❤️ 少ない人数でも、女子総合3位🥉男子総合4位 を獲得することができて最後本当にいい形で終われたことを嬉しく思います😌😌 私は #パンパシ水泳 #アジア大会 に向けて最後の強化頑張ります! インターハイで皆さんの活躍を期待しています!!✨ #関東高校 #淑徳巣鴨高校 #3ST

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

<可愛らしい制服姿>

競泳大会では、アスリートとしてたくましい精神力と泳ぎを披露していますが、

高校生活を楽しんでいる一面も伺うことができますね。可愛らしいです。

池江璃花子のプロフィール

名  前: 池江 璃花子 (いけえ りかこ)

生年月日: 2000年7月4日

  身 地: 東京都江戸川区

身  長: 171cm

体  重: 57kg

  液 型: A型

職  業: 学生、競泳選手

所  属: 株式会社ジエブ、ルネサンス

お母さんが自宅の風呂場で水中出産をして誕生した池江璃花子選手は、生後2ヶ月頃から幼児教室に通い超早期教育を受けます。

水泳は兄姉の影響で3歳10ヶ月から始めした。

その後5歳の時には、自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法全てで50mを泳げるようになっていました!

池江選手はチョコレート好きです。

以前はレースの直前や合間にも食べていたようですが、2016年6月の欧州遠征時に塩浦慎理さんから運動直前の糖分摂取によるインスリンショックの可能性を指摘されました。

その指摘から、大会中は我慢する様になったとのことです

食事はバランス良く食べるように気をつけているようですが、魚介類、特に貝類は苦手だと明かしています。

中学生時代は、給食のおかわりで男子に混ざってジャンケンに参加していたエピソードもあります。

食欲旺盛だったようで、中学の3年間で身長が15cm伸びたとのことです!

健康ですくすくと育ち、競泳選手として世界で活躍できる身体づくりや環境があったことが分かりますよね。

池江璃花子選手は個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の日本記録を保持しています。(2018年8月12日現在)

まとめ

スーパー女子高生の学校がどこなのかについて調べてみました!

お母さんのリサーチ力や熱血指導も素晴らしいですよね。

競泳・池江璃花子選手の今後も楽しみにして応援し続けたいと思います!

【関連記事→『池江璃花子 大学進学は日大に!白血病はどうなる?』



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする